香川の夏

ライフ

まだ梅雨明け宣言ないのですが、すっかりなる模様となりました。バイクを30分も走らせると地元野菜の直売所には、新鮮で安価な野菜や果物が所狭しと置かれています。東京や福岡では、薄曇りな晴れが多かった夏ですが、雨の少ない香川県では青い空に青い海が楽しめます。

道の駅滝宮

 道の駅滝宮は、綾川町にあって高松市内から車で30分程度。サンサン広場という直売所には、新鮮な食料が品数多く、安価で購入できます。

木村さんのタカミメロンは、数多く作れないとのことで、道の駅源平の里では発売初日に行列が出来ていました。1つ購入です。

屋島

 瀬戸内の夏の空は、本当に青いです。屋島から瀬戸内海を眺めます。

振り返ると屋島が見えます。空が本当に青いですねぇ。

長崎ノ鼻(砲台跡)

 屋島の半島の突端は、長崎ノ鼻と呼ばれています。この呼び名は屋島だけでなく、岬などの突端は、「長崎ノ鼻」と呼ばれている所は多いです。

 それにしても、ここは雰囲気があります。火曜サスペンス劇場に出て来そう…と思ったりもします(笑)

突端まで行きます。瀬戸内海の島々が美しい。(多島美といいます)

高松の街を眺めます。

屋島の山を振り返ります。階段を下りる多くの人が来ました。山の頂上には展望台が見えます。(遊鶴亭)

拡大してみたのですが、スマホでは限界です。

最後に

いかがでしたでしょうか?皆さんのイメージする香川とは違うスポットをご紹介しました。うどんだけではない香川県に是非お越しくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました